Excel のフィルター機能で空白セルがある途中までしかフィルタリング出来ない場合の対処法

更新日: 公開日:2016/01/12
Excelのフィルターが途中で止まった

大量のデータを扱う場合、対象データの中から対象を絞り込むためにフィルタ機能を利用します。しかし次のようなデータの場合、フィルタ機能を有効にしても途中までしか対象にならないことがあります。

filter-include-space01

フィルタで絞込を行っているつもりなのに、5行目以降がフィルタ対象となっておらず、中途半端な状態でのフィルタリングとなってしまっています。本来は11行目まで対象としたいのに、どうしてこのようなことが起こってしまうのでしょうか。

filter-include-space02

フィルタ出来ない原因は空白行の存在

上記のフィルタ設定時の画像を再確認すると、対象のセルを選択してフィルタアイコンをクリックしていますよね。この時エクセル側では、選択している行を含むデータが存在している行までを対象に自動的にフィルタ設定が行われます。

つまり B4 セルを選択してフィルタ設定したことで、エクセルとしては5行目が空行だから4行目までを対象にするよう解釈するのです。

filter-include-space03

これでは本来意図した11行目までフィルタを掛けることができません。ではどのようにしてフィルタ設定をすれば良いのでしょうか。

空白行を含めてフィルタ設定を行う方法

対象データが複数列ある場合は空白行を含めて、単一列の場合は空白セルを含めてフィルタリングする方法を説明します。やり方は簡単です。

フィルタの範囲を指定する

フィルタ対象範囲を選択してから、設定を行えば良いのです。

filter-include-space04

このように設定することでフィルタ上に選択した範囲の対象データが全て表示されるようになります。

filter-include-space05

実際にフィルタを掛けてみると11行目までが対象となっているのが分かります。(行番号が青くなっているところまでがフィルタの対象行となっています。)

filter-include-space06

これで中途半端な位置までのフィルタで困ることはなくなりますね。対象範囲を選択してからのフィルタリングです。この手順をしっかりと覚えておきましょう。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

パソコンを使う上でExcelは様々な用途で用いられますが、困ることもたくさんあります。困った時に少しでも役立てるようにと、このサイトを立ち上げました。分かりやすくをモットーに解説をしていくつもりですので、どうぞよろしくお願いします。
尚、このサイトでの説明は、主に Excel2013 を利用していますので、その点につきましてはご了承いただければと思います。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします