セルにレ点を入力する方法

更新日: 公開日:2015/04/27
Excelでレ点の入力方法

エクセルのアンケートフォーム等で「該当するものにチェックしてください」と だけがセル上に入力されている場合があります。ただの四角形なので、クリックしてもWebページのようにチェックされません。

input-check-mark01

チェックしてくださいと書いてあるのに、チェックすることができない。こんな時どうすればいいでしょうか?

セルにレ点(チェック)を入力する方法

チェックマークは記号の入力から行えます。また他にも、記号として入力できる文字はたくさん存在しています。今回はその中から、レ点の入力方法を説明してきます。

メニューの [挿入] タブから [記号と特殊文字] を選択してください。

記号と特殊記号を開く

すると記号と特殊文字の一覧が表示されます。

特殊文字の一覧

ここで1つだけ覚えてください。

左上のフォントから「Wingdings」を選択します。

Wingdingsを選択

この Wingdings のフォントは、様々な記号が入力できるフォントです。こちらのフォントを選択し、表示されている各種記号からチェックマークを探します。

Wingdings には、通常のチェック記号と、四角にチェックが入った記号があります。(フォント選択後に、下の真ん中辺りにある「文字コード」欄に「254」と入力すればすぐ見つかります。)

特殊文字を選択

四角のボックスが不要であれば、記号一覧の右側にレ点だけの記号も用意されているので、そちらを使いましょう。

該当の文字が見つかったら「挿入」ボタンをクリックすると、セル上に文字が入力されます。

input-check-mark06

元々入力されていた四角がそのまま残っているので、そちらを削除すれば出来上がりです。文字選択の画面で、2つ左隣りに、四角い枠がついていない普通のチェックマークもありますので、用途に応じてチョイスしてください。

他のセルについても同じような手順、またはコピー&ペーストで入力することができます。

input-check-mark07

直接フォントを設定することは出来るのか

結論から伝えると出来ます。最新の Microsoft IME や Google 日本語入力など「ちぇっく」と入力して変換すれば、上記の記号が出てきます。しかし機種依存文字の条件が付くため、環境が変わると文字化けするリスクが伴います。

上記で紹介した Webdings のフォントは、古い Windows や MacOS にも標準フォントとして搭載されています。文字化けのリスクを回避するために、Excel で用意されている方法を利用したほうが安全です。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

パソコンを使う上でExcelは様々な用途で用いられますが、困ることもたくさんあります。困った時に少しでも役立てるようにと、このサイトを立ち上げました。分かりやすくをモットーに解説をしていくつもりですので、どうぞよろしくお願いします。
尚、このサイトでの説明は、主に Excel2013 を利用していますので、その点につきましてはご了承いただければと思います。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします