Microsoft Forms 2.0 Object Library の選択肢がない場合の参照設定方法

更新日: 公開日:2020/06/05
Microsoft Forms 2.0 Object Library 参照設定の手順

VBE (Visual Basic Editor) の参照設定で Microsoft Forms 2.0 Object Library を追加したいのに、一覧のリストに表示されていない場合の対処法を紹介します。

一覧にないライブラリーを追加する手順

既にチェックしていないか確認

参照設定の一覧はアルファベット順に整列していますが、既に参照しているライブラリーは上にまとめて表示されています。まずはここで、既に Microsoft Forms 2.0 Object Library が追加されていないことを確認しておきましょう。

参照設定済みのライブラリーを確認

直接ファイルを参照して追加する

通常は画面に表示されたリストから、該当のライブラリーを見つけてチェックします。しかし次のように一覧に表示されていないケースもあります。

一覧上に Microsoft Forms 2.0 Object Library が表示されていない

このようなときは、右の [参照] ボタンから直接ファイルを参照すれば、参照設定にライブラリーが追加できます。

参照ボタンからライブラリーを追加

参照画面を開くと [C:\windows\system32] のフォルダが表示されているので、そこから [FM20.DLL] もしくは [FM20] を選択して開きましょう。

sysytem32 からライブラリーを追加

FM20ENU や FM20JPN ではなく FM20 です。間違えないようにしてください。

これで Microsoft Forms 2.0 Object Library が参照されるようになるので、あとは [OK] ボタンをクリックすれば作業は完了です。

Microsoft Forms 2.0 Object Library が参照される

ユーザーフォーム追加で自動的に参照設定

上記手順のようにわざわざファイルを指定しなくても、もっと簡単に Microsoft Forms 2.0 Object Library を参照する方法があります。それがユーザーフォームの追加です。

VBE のメニューから [挿入] → [ユーザーフォーム] を選択します。

VBE ユーザーフォーム追加

たったこれだけで、参照設定の一覧に Microsoft Forms 2.0 Object Library が追加されています。しかも既にチェックしてあるので、ユーザーフォームを追加する以外の作業は不要です。

Microsoft Forms 2.0 Object Library が追加された状態

ただしユーザーフォームを追加すると、左側にある VBAProject のリストに [フォーム] → [UserForm1] が追加されます。そのままでも問題ありませんが、右クリックして [UserForm1 の解放] を選択すれば削除できます。

ユーザーフォームを削除しても Microsoft Forms 2.0 Object Library の参照設定はそのままです。

ユーザーフォームの解放

なお解放時にエクスポートするか問われます。これはユーザーフォームの設定データを外部ファイルで保存する機能なので、ここでは [いいえ] を選択しましょう。

ユーザーフォームはエクスポート不要

以上 Microsoft Forms 2.0 Object Library を参照設定する2つの方法でした。

この記事をシェアする

関連記事

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

パソコンを使う上でExcelは様々な用途で用いられますが、困ることもたくさんあります。困った時に少しでも役立てるようにと、このサイトを立ち上げました。分かりやすくをモットーに解説をしていくつもりですので、どうぞよろしくお願いします。
尚、このサイトでの説明は、主に Excel2013 を利用していますので、その点につきましてはご了承いただければと思います。