SEだったら絶対に覚えておくべき5つの Excel ショートカットキー

更新日: 公開日:2015/04/21
覚えておきたいExcelショートカットキー

システムエンジニアは、Excelを使って様々なことをします。設計書を書いたり、試験項目書を作ったり、画面キャプチャを貼り付けたり、業務フロー図を書いたり。

基本的に業務系SEであれば、Excelを触らない日は無い!と言っても過言ではありません。今回は、これからSEとして羽ばたいて行くであろう、若年層のエンジニアに向けた投稿となります。

ここでは一般的なショートカットキーは除いています。(Ctrl + c 等)

全てのショートカットキーを挙げると、とんでもない数になってしまうので、僕の12年のSE人生において、確実に利用頻度の高かったショートカットキー5つ(+α)を紹介します。

現在日付の入力

Ctrl + ;

日付形式のデータが入力されます。

利用する状況

  • WBSへ実績を入れる
  • 試験項目書の実施日を入れる

おまけ

Ctrl + : で現在時刻が設定されます。セットで覚えておくと便利です!

書式設定

Ctrl + 1

セルおよびオブジェクトの書式設定を表示します。右クリックから選択することも可能です。

利用する状況

  • 罫線を引く
  • セルに背景色を付ける
  • 書式を変更する(文字列へ固定するなど)
  • 図形オブジェクトの色を変えたり、テキストの余白を調整したり。

直上のセルと同じ値をセット

Ctrl + d

何度も同じデータを入力する場合は、コピペよりも素早く行えます。値・書式がそのままコピーされる機能の1つです。

利用する状況

  • 試験項目書のOK、NGの繰り返し入力
  • スペースインデントを揃える為のコピー
  • 似たような文言で入力する場合の初期コピー

行 or 列内の空白セルまで移動する

Ctrl + (矢印キー)

現在の入力セルから、連続して入力されたセルの端まで移動します。スペースを選択している場合は、次に入力があるセルまで移動します。

利用する状況

  • 課題管理表や質問表で新規起票する場合に、空行まで移動する
  • データ未入力行を探す

シートのタブを移動する

Ctrl + PgUp or Ctrl + PgDn

複数シートがある場合に、隣のシートに移動できます。

利用する状況

  • 複数シートで構成された設計書内のシート移動

まとめ

利用頻度の高いショートカットキーは、覚えようとしなくても指が勝手に動くようになります。少しでも作業効率アップを目指すには、ショートカットキーで出来る事を増やすに限ります。

誰でも出来る作業であるならば、スピードで勝りましょう!単純作業でも実力差は必ずあります。それがエンジニアとしての心掛けであります。

この記事をシェアする

関連記事

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

パソコンを使う上でExcelは様々な用途で用いられますが、困ることもたくさんあります。困った時に少しでも役立てるようにと、このサイトを立ち上げました。分かりやすくをモットーに解説をしていくつもりですので、どうぞよろしくお願いします。
尚、このサイトでの説明は、主に Excel2013 を利用していますので、その点につきましてはご了承いただければと思います。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします