全画面表示のメニューが消えた?!Excel の全画面表示方法

更新日: 公開日:2020/12/12
Excel の全画面表示方法

リボンやヘッダーの情報や数式バーを非表示にする Excel の全画面モード。

いつの間にか、画面上のメニューから選択できなくなってしまいました。そこでリボンメニュー上に全画面表示のメニューを復活させて、利用できるようにする手順を解説していきます。

なお、全画面表示のショートカットキーの割り当てはありません。

リボンメニューに全画面表示のメニューを追加する

リボンのユーザー設定を開く

画面丈夫にあるメニュー項目を右クリック。表示されたコンテキストメニューから [リボンのユーザー設定] を選択します。

リボンのユーザー設定を選択

なお右クリックする場所によって、表示されるメニュー項目数が異なります。

リボンエリアに新規グループを作成

左側のコマンド一覧から、全画面表示の切り替えメニューを探します。上のプルダウンから [リボンにないコマンド] を選択して絞り込むと見つけやすいです。

右側は追加するメニューの場所を選びます。そのまま追加できないので、グループを追加します。元々あったメニュー位置 [表示] 内にある [ブックの表示] を選択して [新しいグループ] をクリックします。

新しいグループを追加

新規グループ名を変更

エリアに追加された新しいグループ。名前が初期状態なので、そのまま [名前の変更] して、分かりやすい名称に変えましょう。

グループの名前を変更

名前だけでなくアイコンも選択できます。

新しいグループの名前・アイコンを変更

全画面表示の切り替えメニューを追加

グループを追加したら、左側のリストは [全画面表示の切り替え] を選択、右側のリストは追加先の新規グループを選択して、画面中央の [追加] ボタンをクリックします。これでリボンへメニューが追加されます。

新規グループに全画面表示の切り替えメニューを追加

全画面表示への切り替え方法

リボンメニュー上に追加したメニューが表示されようになりました。こちらをクリックするだけで簡単に全画面へ切り替わります。

全画面表示の切り替え実行

全画面表示にすると、メニューや枠線、数式バーが隠れた状態で表示されるようになります。

Excel を全画面表示にした状態

もし 1, 2, 3 や A, B, C の表示も消したい場合、[表示] メニューの [見出し] 項目のチェックを外してください。

全画面表示を終了する方法

  • 右上のアイコンから最大化を解除する
  • 画面上部をダブルクリックする

どちらでも OK です。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。